忍者ブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
なにもない手から生まれるもの
今の所、機動警察パトレイバーがメイン 『好きこそ物の上手なれ』を目指して邁進中 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 3ヶ月以上も放置していたんですね。

当ブログをご覧になって下さっていた方々

誠に申し訳ございません。

KINOEは元気でございます!!!!


自分の事だけで無く、いろいろな事があり

精神的に、肉体的にモノを書く力が出ずに放置ブログとなっておりました。


そろそろ、活動再開したいと考えています。

GW中に「さみしくない」〜を完結させる予定です。(目指せなんですけどね。)



ゆる〜く見守ってやって下さいませ。

拍手[4回]

PR
asaki様

コメント有り難うございます。
「続きが読みたい」そう言っていただけると嬉しいです。
カッコいい文章??お褒めいただき嬉しいのですが、書いている本人はいつも
不安なんですよ〜。大丈夫かなこの文章とか、読むと変だなぁと…。
とりあえず、続き頑張って書きます!!

asaki様のお話はとても楽しみにしているので是非削除は無しで!!
読む度に気持ちが満たされるお話が満載で憧れます。
(私の駄文達はフラストレーション溜まりまくりですから。)



拍手いただいた方

天邪鬼な君の「さみしくない」〜へ拍手いただいた方
有り難うございます。

酔っぱらいの〜へも拍手をいただいていて、有り難うございます。


ただいま、仕事がバタバタしておりまして

駄文作成へ手がつけられない状態であります。

後1話で天邪鬼な君の〜も終わる予定です。

(結末がまだ決まっていないけど…。)


今月中には何とか最終話アップしますね〜。

夕飯準備中とか仕事の息抜き時に結末考えよう。うん。


拍手[3回]

新年のご挨拶もロクに出来ない状態でした。
申し訳ございません。

本年も宜しくお願い致します。
ぼちぼちと駄文をアップできれば、いいなぁ。
訪問して下さる方々に少しでも楽しんでもらえると幸せだなぁ。
そんなブログを目指して頑張りたいと思います。

ですが、更新が遅くてヒドいと思いますので
気ままに足を向けていただけるとありがたいです。

さてさて、久しぶりの駄文の更新です。
「さみしくない〜」の続編ですが、今回で終われませんでした。
3話で完結する予定です。遊馬×シゲのお話になっちゃいました。


 


 天邪鬼な君の「さみしくない」程信用できない言葉はない   >>> 2



宿直室で布団を敷き横になる。薬の苦みが口の中に残っていた。時計の針の音だけが静かになった部屋に響いている。

2課はいつも騒々しい場所だと思っていたが、出動後がこれほどまでに静かになるとは思ってもいなかった。

海風が容赦なく薄いトタンの壁面に当たり、すきま風の音が悲しい声のように聞こえる。


遊馬は子どもの頃から家には人が居なかった。

風邪ぐらいじゃ看病される事も無く、勝手に薬を飲んで寝ていただけ。

今の静けさは、それを思い出させる。

慣れているはずの静寂。ただ、この2課へ配属されてからは、それは一変していた。

何処を取っても静かな場所ないこの埋め立て地。

それに慣れていなかった遊馬は、2課に来てから

色々な意味で干渉される面倒臭さを疎ましく思っていた。

『自分の事は自分が一番判ってる』

『イチイチ指図するな』

『今までだって一人でやって来た。
 一人で出来る事は手を出すな』


そんな自分の調子を狂わせる環境。

そしてそれ以上に、最近は仕事に対する焦りがあった。


指揮者として半年。

自分なりに勉強もしているし、ちゃんと成果も出せてはいる。野明とのコンビネーションも悪くは無い。

しかしどうしても気になってしまうが、非の打ち所の無い熊耳の指揮だ。他人と比較するのは馬鹿らしいと判っているのだが、あまりの有能な彼女に歯噛みしてしまう事がある。


2号機コンビはバックアップは優秀だがフォアードが最悪で

指揮者形無しの行動をするがために、成果が得られない。

情けない事に、遊馬自身それにほっとしている所もあった。

これが、熊耳と野明のコンビだったらと考えると、自分の指揮者として能力に疑問を感じてしまうのだった。

その差を埋めるべく、ここの所、自分に負荷をかけている事も確かで熱ぐらいで仕事を休む気にもならなかった。


「何でこんなに躍起になってんだか…。」

ポツリと呟くと、海風がより一層強く鳴った。

先程後藤に言われた言葉が頭を巡る

『一人の体調不良で万一の事がある職場なのよココは』

いつもの口調で言われたが、遊馬の責任の無さを咎めていたのは確かだった。


『自分を大切に出来なければ、他の人を大切には出来ないんだぞ』

そんな言葉を思い出した。

いつ誰に言われたのだろう。
思い出せない遊馬は
目を瞑り記憶を遡ってみたが、その思考は徐々に眠りへと吸い込まれていった。




ふと遊馬が目覚めると、まだ棟内は静かだった。

時計を確認するが出動から3時間以上経っていた。結構時間がかかっているので多分面倒な内容なのだろう。この感じだと夕方になっても戻れるかあやしい。


もう一眠りしようかと思った時、宿直室の扉をノックする音が聞こえた。

「どうぞ」

扉が開かれるとシゲが入って来た。

「遊馬ちゃん起きてたんだ。大丈夫なの?」

差し入れと言ってスポーツドリンクを遊馬の元へ転がした。

「ありがと…大丈夫だよ。ただの風邪だし」

「風邪を侮っちゃいけませんよ〜。命に関わる事だってあるんだからさぁ。」

「んな、オーバーな」

シゲは上がり口に腰をかける。

「いやホントに。で…後藤隊長から電話があってね。

 定時で上がって整備班の誰かに病院まで
 送ってもらえってさ。」

「まだあっちは時間かかりそうなの?」

「なんだかね〜。結構厄介な事故現場らしくて…って
 それより、自分の体を治すのが先だよ。」

咎めるでも無いシゲの口調は遊馬を素直にさせる。

「面目ないです。」

もそりと、起き上がり乾いた喉を差し入れで潤す。


「遊馬ちゃんさぁ。一人で頑張り過ぎなんじゃない?」

不意にシゲが聞いてきた。

「別に頑張ってなんかないよ。」

遊馬は笑いながら返答する。

「そうなの?俺からはスゴく頑張ってるように見えたけど…。

 もう少しさ、仲間を頼りにしてみたら?
 そんな姿見ちゃうとさ…
 さみしくないのかなって思っちゃうよ。」

「さみしい?」

「何か皆おせっかい焼きじゃない?
 まぁ、俺も含めてだけどね。

 遊馬ちゃんはどことなく自分の殻に閉じこもってるって言うか…。

 皆との関わりを拒否するような所ある気がしてね。
 …逆に、俺達の方がさみしいのかなぁ。」

宿直室が静かになる。時計の針の音だけが響く。

確かに、遊馬は人と距離を置くようにしている。それは自分が冷静でいられるためだし今まで深く関わりを持って良い思いをした事もあまりなかった。

それは、実家の絡みもあるのかもしれないが、出来れば実家とは関係無い所で自由にやっていたかった。その結論からでた自分の生き方だ。シゲの言う通り殻に閉じこもっているのも自分でも判っているし、斜めから見ている自分はポーズと言うより、自分を守る為の壁と言っても良かった。だが、この場所が陸の孤島だからだろうか、篠原と言う名前が近過ぎるくせに、自分とは違う何かに思える時さえある。暫く考え込んでしまった遊馬に対しシゲも気を使ってか、笑いながら言った。


「ごめんねぇ〜。
 そんな話するつもりじゃなかったんだけど…」

もう少し寝た方が良いと言って部屋を出て行こうとするシゲに


「…シゲさんの言う通りだよ。」

遊馬が本音を漏らす。


「俺さぁ。正直ココの空気が苦手。
 人の事を考え過ぎっていうか、はっきり言って鬱陶しい。

 ズカズカ人の中に入ってくるような感じで…。」

遊馬は手の中のスポーツドリンクを見つめる。

液体が小さな波を作ってボトルの中で揺れていた。


「まぁねぇ…。
 だけどそこがココの連中の良い所でもあると思うんだよね。

 篠原って名前聞く割には、嫌な思い少ないんじゃない?

 篠原じゃなくて「遊馬」をしっかり見てくれてるでしょ。
 ここの連中〜。」

遊馬が弾かれたようにシゲを見つめる。


「おやっさんにどやされちゃうから、もう行くよ〜。
 また飲みにでも…ねっ!」

シゲは笑顔で宿直室を出て行った。


瞼を閉じると、2課へ配属されてからの事を振り返ってみる。

「篠原の御曹司」と言われる事は何度かあったし、相棒の野明だって遠慮なく自分と「篠原」をくっつけて来る。だけど、それだからといって何かが変わる訳じゃなくて、篠原遊馬という人間を見てくれていた。


「俺が一番固執してたのか…」

篠原の人間だから、レイバーの事、それを指揮する力…。負けられない。

そんな気持ちは持ちたく無いと思っていたのに、自分自身がそう考えていたなんて、ましてや仲間が手を差し伸べているにもかかわらず、それらを振り払う行為をして来た。


「俺って…くだらないな…」



NEXT→




最初の遊馬の捻くれ具合を考えたら…。
こんな事も考えていたのかも…。

ここには全く繋がらないけど、例の事件はやはり、実家だったり若かったり…。
遊馬が30歳だったら、受け入れたかもしれないのにとか思っちゃったり。
若い時の潔癖って判るような気もする。若く無くたって、潔癖な部分ってあるけど
経験で受け入れちゃうって事もあるようになる。それも事実。

再読してあの事件を読んだ時に、私はもう第1小隊よりな人間になってしまったなぁと思ったのでした。

拍手[10回]

| top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
最新CM
[01/12 asaki]
[12/20 ASAKI]
[11/11 asaki]
[10/29 ASAKI]
[10/10 asaki]
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
KIN​OE
性別:
女性
職業:
自由業
趣味:
何かを描いたり、書いたり。
自己紹介:
十年振りに絵を描く事を始めました。

鈍りまくった腕とペンタブ(使った事が無い)で

どこまで描ける様になるか、、、​

​恥をさらしながらも修行してみようと思っています。
バーコード
ブログ村
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny